miyazaki-dev

さくらサーバーからmixhostに移行するためにBackWPupでバックアップをとる。

SEO・マーケティング

Dropboxで全部ファイルは管理してくれてるからパソコン壊れても問題なし、データベースは、きっとレンタルサーバーでしっかり管理してくれているはず。

と思って、これまでワードプレスのバックアップを取っていませんでした。はい。

しっかりとるべきですね。

今回は、さくらサーバーからmixhost移行に伴い、 バックアッププラグイン「BackWPup」を使ってデータを全て抜き取ったので、その紹介。

BackWPupのインストール・設定

まずは、ワードプレスのプラグインで「BackWPup」と検索し、以下のプラグインをインストール。

BackWPupプラグイン

次に左下のメニュバーより新規ジョブの追加をクリック。

BackWPupジョブ追加

新規ジョブの追加

したらジョブの設定をします。

やることは、

  1. ジョブの名前を設定
  2. 「データベースのバックアップ」、「ファイルのバックアップ」、「インストール済みプラグイン一覧」にチェックをつける
  3. アーカイブ形式を「ZIP」
  4. バックアップファイルの保存方法を「フォルダーへバックアップ」
  5. 変更を保存

BackWPupプラグイン設定

次にDBバックアップのタブをクリック。

したら、全てを選択肢、バックアップファイルの形式をGZipに。

そして変更を保存。

BackWPupプラグインDB設定

次にファイルのタブをクリック。

除外したいもの、つまりバックアップに必要のないものをクリック。

BackWPupプラグインDBジョブ設定

したらジョブの設定は完了です。

BackWPupプラグインでバックアップを取得

左下のメニュバーからジョブをクリック。

BackWPupプラグインバックアップ取得1

すると、先ほど作成したジョブが表示されます。

BackWPupプラグインバックアップ取得2

そして、「今すぐ実行」をクリックすると、バックアップをとり始まります。

BackWPupプラグインバックアップ取得3

これでバックアップ完了!

次にこれをダウンロードします。

バックアップファイルのダウンロード

左下のメニュバーより「バックアップ」をクリック。

BackWPupプラグインバックアップダウンロード1

BackWPupプラグインバックアップダウンロード1

そしてダウンロードして完了!

これでワードプレスのバックアップは完了です。

これでさくらサーバーに保存されているデータは全て取得することができたので、これからmixhostにこのファイルをおきます。

これについては今後記事にします。