【Swift4、Xcode9.2】UILabelで文字を表示・カスタマイズ

メインストーリーボード無しのプログラミングのみでの実装となります。

普通のUILabel

何もカスタマイズ無しでただViewControllerに表示するだけ。
しかし、これに情報をどんどん追加して、デザインを変えていくわけです。

import UIKit

class ViewController: UIViewController {
    
    // 表示のためのlabel
    var testLabel:UILabel!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()        
        // インスタンス化
        self.testLabel = UILabel()

        // frame(場所)の設定
        self.testLabel.frame = CGRect(x: 100, y: 50, width: 200, height: 100)
        
        // 表示する文字列
        self.testLabel.text = "普通のUILabel"

        // ViewControllerに置く
        self.view.addSubview(self.testLabel)        
        
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
        
    }
}

UILabelのフォントの大きさの変更

ただフォントの大きさを変更する場合

self.testLabel.font = UIFont.systemFont(ofSize: 25)

フォントを太文字に。

self.testLabel.font = UIFont.boldSystemFont(ofSize: 25)

UILabelのフォントの色を変更

以下の例は、文字色を赤に。

self.testLabel.textColor = UIColor.red

UILabelを自動で改行

self.testLabel.numberOfLines = 0
self.testLabel.sizeToFit()

numberOfLinesをゼロしてから、sizeToFit()とすると文字数に合わせて表示してくれます。

UILabelの背景色を変更

self.testLabel.backgroundColor = UIColor.yellow

UILabelの文字列を真ん中に

self.testLabel.textAlignment = NSTextAlignment.center

 

簡単ですが、以上となります!