【Swift4、Xcode9.2】UIButtonのサンプルコード

基本となるSwiftのUIButtonをプログラミングのみで実装するときのサンプルは以下のようになります。

SwiftのUIButtonのサンプル

 

class ViewController: UIViewController {

	var sampleButton:UIButton!

	override func viewDidLoad() {
		super.viewDidLoad()
		
		// ボタンのインスタンス		
		self.sampleButton = UIButton()
		
		// 場所の指定(左上が0.0)
		self.sampleButton.frame = CGRect(x: 100, y: 100, width: 100, height: 30)

		// ボタンの文字
		self.sampleButton.setTitle("sample", for: UIControlState.normal)
		// ボタンの文字色
		self.sampleButton.setTitleColor(UIColor.red, for: UIControlState.normal)
	
		// タップされたときの文字
		self.sampleButton.setTitle("tapped", for: UIControlState.highlighted)
		// タップされたときの文字色
		self.sampleButton.setTitleColor(UIColor.blue, for: UIControlState.highlighted)
	
		// 角
		self.sampleButton.layer.cornerRadius = 10
		// 縁の色
		self.sampleButton.layer.borderWidth = 1
        
		// ボタンをタップされたときのアクションを追加
		self.sampleButton.addTarget(
			self,
			action: #selector(self.btnTapped(sender:)),
			for:.touchUpInside
		)
		
		// ViewControllerにボタンを追加
		self.view.addSubview(self.sampleButton)
	}
	
	// タップされたときのアクション
	@objc func btnTapped(sender: UIButton){
		print("tapped")
	}
	
	override func didReceiveMemoryWarning() {
		super.didReceiveMemoryWarning()
		// Dispose of any resources that can be recreated.
	}
}