miyazaki-dev

さくらサーバーからmixhostへの移行するまでの手順

SEO・マーケティング

ずっとさくらのレンタルサーバーを使っていたのですが、たまにアクセスできなくなる現象(深夜)がおきていました…

ちょっと不安なので新しいレンタルサーバーを調べていたところ

「みんな口を揃えてレンタルサーバーmixhostが良い!」

と言っていたので、登録してみました!

移行するまでの手順を書いていきます。

mixhostでドメインの設定。

マイページで移動して有効なサービスで登録したサーバーを選択。

mixhostでドメイン設定1

そしたら、「アドオン ドメイン」をクリック。

mixhostでドメイン設定2

そしたらドメインの設定。

新しいドメインに自分のドメインを入力。このドメインを入力すれば、サブドメイン、ドキュメントルートは自動で入力されます。

mixhostでドメイン設定3

そしたらドメインが設定されているので、左上の四角いやつをクリック。

mixhostでドメイン設定4

これで一通りドメインの設定は完了。

続いてデータベースの作成。

mixhostでドメイン設定5

そしたら、データベース名を決めます。

複数サイトを運営する場合はサイト名と一致するような名前がいいかもですね。

mixhostでドメイン設定6

このデータベース名はあとで使うので、覚えておいてください。

mixhostでドメイン設定7

次にユーザーをデータベースに追加。全ての権限を選択

mixhostでドメイン設定8

これでデータベースの作成は完了。

続いて、バックアップで取得したファイルをmixhostで作成したデータベースにインポートします。

mixhostへデータベースのインポート

mixhostのマイページより、phpMyAdminをクリック

mixhostでドメイン設定9

phpMyAdminで先ほど作成したデータベース名をクリックしたあと、

インポートをクリック。

mixhostでドメイン設定10

そしたらバックアップファイルをインポートさせます。

mixhostでドメイン設定11

どのファイルをインポートさせるか?については、バックアップで取得したファイルで拡張子が「sql.gz」となっているファイルがインポートするファイルです。

mixhostでドメイン設定12

これを選択して、実行。

これでmixhostへのインポートは完了です。

バックアップファイルのwp-config.phpの編集。

続いてバックアップファイルの中の「wp-config.php」を編集。

mixhostでドメイン設定13

以下のような中身を確認しつつ、先ほど作成した「データベース名」、「データベース名のユーザー名」、「パスワード」を入力。

ホスト名は「localhost」

mixhostでドメイン設定14

これで保存して完了となります。

バックアップファイルをmixhostへ置く。

僕はFileZillaを使っていますので、参考になるかわかりませんが、バックアップの中身を先ほど登録したドメインのディレクトリ内におきます。

mixhostでドメイン設定15

こんな感じでOKです。

これでmixhostへの設定は完了!

しかし、まだそのドメインにアクセスしても前のさくらサーバーへのアクセスとなります(?)ので、ネームサーバーを変更します。

ネームサーバーの変更(ムームードメイン)

さくらのレンタルサーバーの場合は、このようになっているかと思います。

mumudomain1

これを以下のように変更します。

mumudomain2

コピペ用に

  • ネームサーバー 1: ns1.mixhost.jp
  • ネームサーバー 2: ns2.mixhost.jp
  • ネームサーバー 3: ns3.mixhost.jp
  • ネームサーバー 4: ns4.mixhost.jp
  • ネームサーバー 5: ns5.mixhost.jp

これで変更完了!

というか全て完了!

登録したドメインにアクセスして確認してみてください。

きっとできているはずです。

もしできていなかった場合は、wp-config.phpの設定ができていないかもしれないので確認してみてください。

さくらサーバーからmixhostへ移行のまとめ

初めてやったのですが、意外とすんなりできました。

途中ちょっとミスってしまうとサイトにアクセスできなくなってしまう可能性もありますので、ご注意ください。

今後ページ速度を見ていきます。

以上!

→mixhostの公式ホームページを見に行く